タクシー運転手の仕事内容を出勤~帰宅まで徹底解説!

タクシー運転手の仕事内容を出勤~帰宅まで徹底解説! タクシー運転手

これからタクシーをはじめたいと思う人に向け、どのような流れで仕事をするのか記事にしてみました!

少しでも参考になればと思います。

自社のタクシー会社へ出勤

勤務で変わってきますが、日勤、隔日勤務は朝から仕事です。

ただ、タクシーの場合は、朝の出勤時間もマチマチで、5時~8時くらいの間で出勤します。

だいたい、出勤時間は決めていて、それでシフトを組んでいるので、出勤時間があまりずれたらみんなに迷惑をかけます。

7時出勤なら、7時くらいに出庫といった感じですね。

別に、7時30分になろうが、遅刻とかにはなりませんし、6時30分に出庫しても、何も言われません。

逆に、夜勤の場合は、夕方から遅くても19:00位には出庫します。

完全に昼夜逆転ですね。

営業車のタクシーで準備

会社に着いたら、適当に挨拶して、準備します。

自分の荷物などを置いて、車のキズチェックとかをしますね。

車にキズが入っているのに気づかず、次の交代の人に指摘されたら、自分のせいになりますからね。

本当は入念にチェックした方がよいのですが、適当にチェックするくらいですかね。

あとは、シートが汚れていたら交換します。

本当は、相方の人が交換するのがマナーですが、色んな人がいて、割と汚れていてもシート交換しない人もいるんですよね。

自分が気になったら交換するという感じです。

あとは、ヘッドライト、ウィンカー、バックランプ、ブレーキランプのチェック。

オイルやバッテリー液の残量など、ボンネットを開けてさらっとチェックします。

出庫前の点呼

アルコールチェックして、特別な連拓があれば、管理者から一言ある程度。

ほとんど、特に何もすることはないですね。

アルコールチェックしたら、すぐに出庫といった感じです。

アルコールチェックして、車の準備をする人もいますし、その辺は適当です。

会社によってもバラバラですね。

タクシーに乗って営業開始(出庫)

一通り終わったので、いざ営業開始です。

営業所にもよりますが、最初は流しからスタート。

朝方の営業(6:00~10:00くらい)

朝の営業がこんな人が多いですね。

  • 通勤する人
  • 出張に行く人
  • 朝帰りする人

通勤客

朝出庫なら、まずは通勤客が乗ってくるのがほとんどです。

通勤客の場合、普段はバスや電車を使っていますが、タクシーに乗ってくるお客さんは、割と急いでいる人が多いです。

朝は、渋滞しますので、急ぎたいけど急げない。

一番ストレスがかかる時間帯です(言うほどないですが)

お客さんのことを思う気持ちはわかりますが、無理すると事故するので、ここは気を付けたいところですね。

出張に行く人

朝の電車や飛行機で出張に行く人も、多く乗ってこられます。

空港なら、ある程度の料金なので、ラッキーですね。

しかし、渋滞しているときは、ハラハラするときもあります。

朝帰り客

飲み帰りのお客さんもいますし、ホステスさんなど、夜の飲食店で朝方まで遊んでいる、人が多いですね。

一般のお客さんで朝方まで飲んでいる人は、寝るパターンが多いので少し注意する必要があります。

ホスト帰りなどのホステスさんは、結構飲んでる場合もありますね。

日中の営業(10:00~16:00)

朝方の営業がひと段落ついたら、少し休憩でもして日中のお客さんを乗せていきます。

日中はこんな感じのお客さんが、乗ってこられます。

  • 買い物や用事がある人
  • ベント参加に参加する人
  • 通院や診察後や退院する人
  • サラリーマンやOL
  • ホテルからチェックアウトするお客さん

買い物や用事がある人

高齢の方は、タクシーで買い物に行く人も多いです。

普通の主婦とかでも、いますけどね。

高齢の方は午前中から早めに移動する人が多いのも特徴。

通院や診察後や退院する人

同じく高齢の方は、タクシーで通院する人も多いですね。

また、病院まで予約で迎えに行って、ご自宅まで送ることもよくあることです。

流してたら、たまたま退院客が、少し多めの荷物を持って乗ってこられることがあります。

イベント参加に参加する人

日中のイベントに参加する人も、よくタクシーに乗ってこられます。

コンサート、舞台などいろいろありますね。

同じく、若い人は公共の交通機関をよく使い、高齢者が多いですね。

サラリーマンやOL

日中はサラリーマンやOLの方が、商談などでお客様のところへ行くようなときに、乗ってこられます。

割と定期的にあるのが、裁判所まで弁護士さん風の方を送ることです。

ある日、弁護士風のお客さんでしたので、なんとなく日頃よりゆっくり行っていたら、

「急いでください!」

と言われました。

法律家の前で、速度オーバーするのも、どうかと思ったのですが・・・

ホテルからチェックアウトするお客さん

ホテルからチェックアウトするお客さんは、12時くらいまでです。

空港とかに、よく行ってくれるので、いい思いをすることもありますね。

もちろん、近くの駅までの人もたくさんいますけど。

外国人も韓国と仲が悪くなる前や、コロナ前前までは多く乗ってきてました。

観光客減少って、本当にタクシーには痛手なんです。

夕方の営業(16:00~19:00くらい)

夕方になると、また人がよく動き始めますね。

こんな感じの人を、よく乗せるようになります。

  • 帰宅する人
  • 夜の仕事へ出勤する人
  • 飲みに行く人

帰宅する人

何か用事があって、外出していた人を、ご自宅まで変えるお客さんです。

家が近い人は、仕事帰りにタクシーを使う人もいますね。

夜の仕事へ出勤する人

男性、女性問わず、夜の飲食店街へ、仕事へ行く人を送ります。

若いホステスさんとかも、やはりある程度稼いでいるのでしょう。

流しで止められたり、予約で行くことも多くあります。

とはいえ、7、8年前よりは、明らかに減ったような気がします。

いかんせん、仕事場から近いところに住んでいますので、売り上げは少ないです。

ママクラスになると、決まってタクシーです。

飲みに行く人

サラリーマン、OLはタクシーを使って、飲みに行く人も割と多いです。

複数人でのれば、大した金額じゃなく、逆に安くなる場合もあります。

そして、公共の交通機関で行くと、ちょっと不便なところに行ったりする場合は、タクシーが便利ですしね。

観光客の方もホテルから、有名店に食事へ行ったりしますね。

人気店の場合、予約せずに行き、入れないということはよくあります。

そういう店の場合は、予約しているか聞くようにはしていますけどね。

土地勘もないし、ちょっとかわいそうなので・・・。

夜~朝方の営業(19:00~5:00くらい)

夜でも早い時間は、夕方の営業で乗ってくるようなお客さんも多くいます。

夜は、飲みに行く人、移動する人、帰る人が多くなります。

19:00くらいは、飲み屋に入っている人が多くなりますので、一旦落ち着く感じですね。

あとはこんな感じの人が乗ってきます。

  • 二次会へ行く人
  • 飲みに行って帰る人
  • 夜の飲食店で働いている人

二次会へ行く人

サラリーマンが、スナックやキャバクラ等へ行くために、タクシーに乗ってくることが多くなります。

若い人は特に、少し興奮状態です。

私はそういったところに全然行かなくなったので、

「お金もったいな~い」

なんて、内心思っていますが・・・。

同伴して、ホステスさんの店に向かう、男性とホステスやママさんのコンビもよく乗せますね。

店を継続させるのは大変だと思いますが、ただでいいもの食べて、そしてその客が自分の店にくる。

ママさんって、軌道にのったらいい仕事ですね。

飲みに行って帰る人

一番多く乗せるのが、飲みに行った人をご自宅まで送る仕事です。

そして、ロングが出るのもこういったお客さん。

タクシーで帰っても、そこまで出費が多くならない、短、中距離のお客さんが多いですね。

売上が上がるのは、複数人で乗ってきて、色んなところで降ろすパターン。

中心部からそんなに離れなくても、売り上げ上がるし、すぐまた戻れるので一番いいパターンです。

とはいえ、近いお客さんも乗せ切らないと、モチベ下がり、リズムも悪くなるので、短・中距離のお客さんも非常に大切です。

夜の飲食店で働いている人

夕方、お店まで送ったお客さんを、ご自宅まで送ります。

店が閉まる、1時くらいで帰るホステスさんは、たぶんほとんど飲んでないので、おとなしいもんです。

吐くことはまずないですし、デカい態度にでることもありません。

酒の臭いとか、まったくしない人がほとんどです。

良客ですが、いかんせん近いので、売り上げが上がるお客さんを逃すことになることもあります。

やったらダメですが、ホステスさんをみかけたらスルーするタクシーは割といます。

ホステスさんたちもわかっているので、すぐに次のタクシーを拾う感じですね。

アフター後になると、少し酔ってるホステスさんも増えてきますね。

男性客は、先にホステスさんを送るパターンがほとんどです。

2人が反対方向に住んでいたら、割と運収が上がりますよ。

会社へ帰ります(帰庫)

隔日勤務なら、朝~深夜のお客さんを乗せるまでが仕事ですね。

一日に働いていい時間が決まっているので、その時間内に会社へ戻らないといけません。

帰りに、もう一組乗せたい!

これは、よくあることですが、そこは慎重にならないと、時間が足りなくなる場合があります。

帰りに事故をしたら、たぶんその日の売り上げとかパーになりますので、慎重に帰りたいものです。

売上を計算して入金

さぁ、帰ったら入金です。

洗車を先にする人もいますね。会社や人でバラバラです。

売上の計算といっても、今は自動日報のところが多いので、勝手に日報がでてきます。

やることと言えば、未収(チケット、電子決済、タクシー券)などを整理して、日報と未収金に違いはないか、チェックするくらい。

この入金ですが、個人差があり、早い人もいれば、いつも遅い人がいます。

入金も、機械にお金を入れたら、勝手に計算してくれ、入金明細みたいなのが、印刷されるので、それを添付して提出する感じですね。

タクシーの洗車

タクシーの洗車は基本的に自分でする人がほとんどですが、色々パターンがあります。

  • 洗車機で洗う人
  • 手洗いする人
  • 洗車屋さんに頼む人

洗車機で洗う人

タクシーのボディーは洗車機につっこんで、拭きあげるだけ。

それから、マットをマット洗車機に入れ、室内を拭き上げます

シートカバーが汚れていれば、交換ですね。

洗車機がある会社では、洗車機に入れる人がほとんどです。

車内の掃除は、手を抜く人が多く、翌朝に相方さんがブツブツ言っていたりしてますね。

手洗いする人

洗車機があっても、たまに手洗いする人がいますね。

恐らく、車が好きなんでしょうね。

会社に洗車機がなかったら、手洗いか洗車屋さんにお願いするしか、洗車する方法はありません。

手洗いはメンドクサイので、会社選びの意外なポイントのひとつとなりますよ。

自宅へ帰ります

これで、一通り仕事が終わりです。

書き忘れましたが、帰庫後もアルコールチェックします。

自宅への帰りとはいえ、割と長時間働いたあとなので、居眠り運転に注意です。

隔日勤務なら、その日は明けでお休みです。

日勤、夜勤は寝てからまた仕事ですね。

まとめ

少し長くなりましたが、タクシー運転手のルーティンはこんな感じです。

  • 出勤
  • 準備
  • 点呼
  • 出庫
  • 営業
  • 帰庫
  • 入金
  • 洗車
  • 帰宅

スーツを着たサラリーマンでは、点呼や洗車がない感じですね。

ドライバーの仕事をしていれば、点呼、洗車はほとんどするのではないでしょうか?

一見、メンドクサそうに感じますが、上司のパワハラ、人間関係などの悩むことはなくなります。

事故と接客に少し気を使えば、精神的には楽な仕事です。

今の仕事で、精神的に苦しんでいるなら、タクシー運転手で明るく生きれることもできますよ。

タイトルとURLをコピーしました