タクシー運転手は家族を養える?同じ年収ならタクドラが有利な理由

タクシー運転手は家族を養える?同じ年収ならタクドラが有利な理由 タクシー運転手

タクシー運転手を目指したいけど、

「今の家族を養えるのか?」

「将来家族を養えるか不安」

このような悩みがあり、なかなかタクシー運転手になる勇気が持てない人が多いのではないでしょうか?

そんな悩みにお答えしたく、

  1. 家族を養う条件
  2. 同じ年収ならタクシー運転手が有利な理由
  3. 子供にお金がかかるまでにしたいこと

このような内容を記事にしましたので、参考にしていただければと思います。

タクシー運転手として家族を養う条件

家族を養う条件として、年収500万くらいを仮定して話をしていきますね。

タクシー運転手として家族を養うために、ここでは3つの条件について話をしますね。

  1. ある程度稼げそうなところか?
  2. 夜勤は可能か?
  3. 共働きできるか?

夜勤は可能か?

タクシー運転手は、やはり夜勤が一番稼げます。

夜勤をすると、2割増しの時間も多く働けますし、深夜は公共の交通機関がストップするので、乗る人も多くなります。

ロングが出るのもやはり、夜が多いですね。

ということで、まず夜勤ができるかが条件となりますね!

ある程度稼げそうなところか?

下の画像は、都道府県別のタクシー運転手の給料がまとめられた表です。

ある程度稼げそうなところか?
画像引用:http://kpuhaitaku.web.fc2.com/serviceindex1041126.html

この給料だけ見ると、少ないように感じます。

しかし、昼勤、夜勤、隔日勤務全ての合算の平均というところに注目して下さい。

また、年金をもらっている人が適当に働いている人も多く含まれます。

つまり、夜勤をしてガッツリ働けば、この平均ははるかに上回ります。

私の経験上、上の表の平均給料が320万くらいを超えていれば、夜勤なら年収500万円は稼げる可能性があります。

あともう一つ条件があり、その中でも一番人が動いている営業区域で働くことです。

ようは、一番人が動いているところということ。

最終的には、面接のときにタクシー会社で聞いて判断すればOKです。

共働きできるか?

やはり、共働きは強いです。

また、タクシー運転手は病気とかで休むと、その月の給料が減ってしまいます。

共働きができるなら、そういった時の保険にもなりますよね。

奥さんが年収200万でも、あなたが夜勤をして500万かせげば、二人で700万です。

奥さんがフルタイムで働いており、年収が300万以上あれば、無理に夜勤しなくても、隔日勤務でもやっていけますね。

奥さんが働いているというのは、タクシー運転手でも家族が養える可能性が高くなります!

同じ年収ならタクシー運転手が有利な理由

同じ年収なら、タクシー運転手の方が、家族を養うために有利な理由をお伝えしますね。

タクシー運転手をすると、まず支出が減ります。

そして、プラスαの収入も実はあるんです。

それでは、解説してみますね。

支出がかなり減る

タクシー運転手は、バイクやマイカー通勤をするのが普通です。

そして、マイカーならあなたが乗るタクシーと入れ替えて駐車します。

当然、バイク、マイカー通勤なので、帰りの一杯がなくなるんです。

電車通勤とかだと、どうしても飲みにも行きたくなりますし、飲みごとも多くなりますよね?

私の場合ですと、月に少なくても2万、多いときで5万以上はアルコールに消えていました。

収入は給料ー支出なので、支出が減るのは大きなメリットです。

チップがもらえる

あと、割ともらえるのがチップです。

その日の食事代くらいなることは普通にありますからね。

そして、あまり体力も使わないので、そこまで食べなくてもOKです。

夜勤は普通に食事しない人もいますし、隔日勤務でも食事はとらない人もいるくらい。

逆に、ガッツリ食べると眠くなって運転できなくなります。

このチップは結構大きいですよ。

子供にお金がかかるまでにしたいこと

子育てをしていると、お金がかかりだすのは、大体中学校から。

なので、子供が13歳くらいからですね。

部活や塾などで、幼稚園(保育園)、小学校のときよりも、随分と支出が増えてきます。

大学に行くとなると、入学金や子供が離れて暮らす場合は、家賃とかかなりお金が必要になってきます。

もし若いころから、タクシー運転手をしたいなら、この3つを実行して下さい。

  1. 貯金をする
  2. 家を買わない
  3. 個人タクシーを目指す

貯金をする

私の経験上、子供が小さい間は、割と貯金ができます。

この間に無駄遣いをせず、しっかり貯金しておけば、子供にお金がかかるようになってからも安心です。

中学、高校からかかる塾や部活の費用の足しに必ず役立ちます。

家を買わない

住宅ローンは元本が大きいので、金利という余計なお金をずっと払い続けることになります。

ボーナスもかなり持っていかれます。

金利のために。

戸建て、マンションを買うなら、子供が巣立ってからでもOKです。

そして、中古をキャッシュで買うのが理想ですね。

住宅ローンは金利で本当に自分の首を絞めますからね。

個人タクシーを目指す

法人タクシー(個人タクシー以外)は、売り上げの半分弱は会社に持っていかれます。

内勤している人の給料、車両代、ガス代、その他もろもろ、タクシー会社の経営に必要なお金もあるからです。

そして、一番は社長のためです。

タクシーに限らず、サラリーマンは半分社長の収入を増やすために働いています。

しかし、個人タクシーになったら、あなたが社長(個人事業主)なので、全てあなたの給料です。

すでに説明したある程度の都市で、夜勤をしたら70万とかは売上が上がりますので、それがまるまるあなたのもの。

もちろんそこから、ガス代など少し経費はかかりますが、それでも法人タクシーよりは、かなり収入は増えます。

子供が大学に行くくらいまでを目安に、10年頑張って個人タクシーを目指せば、かなり安心ですね。

まとめ

タクシーで家族を養うためには、最初に説明した条件をある程度クリアしないといけません。

その条件をクリアできれば、家族を養うのは十分です。

タクシー運転手は普通の仕事よりも、変なストレス(人間関係とか)がほぼありません。

勉強とかもしなくてOKなので、本当にある意味人生豊かになりますよ。

しかも、定年すぎてもかなり給料もらえますからね。

期待できない年金支給をギリギリまで、先送りして、その間ガッツリ稼ぎましょう。

定年過ぎても、年収が400万、500万あったらうれしくないですか?

これを可能にしてくれるのが、タクシー運転手です!

タイトルとURLをコピーしました