タクシー運転者に向いている人は?経験者が語る5つのポイント

タクシー運転者に向いている人は?経験者が語る5つのポイント タクシー運転手

タクシー運転手は向き不向きがあるかもしれません。

しかし、タクシー運転手に向いている人を色々考えましたが、だれでもタクシー運転手として、売り上げがいいドライバーになる可能性があることを改めて思いました。

タクシー運転者に向いている人は?経験者が語る5つのポイント

その証拠として、タクシー運転手として売り上げが上がる要素は、次の5つだからです。

  1. 諦めずに走り続けられる人
  2. 短気にならない人
  3. 貪欲にお客さんを乗せようと思う気持ちがある人
  4. お客を選ばない人
  5. 売上を常に意識して走れる人

上に書いた5つって別に才能ではないですよね?

もちろん、ちょっと考えられないような売上を上げる人というのはいます。

しかし、彼らは特殊と思っておいた方がいいです。

でも、彼らにも、上に書いた5つは全て当てはまるというのは、覚えておいてください。

考えられないような売上を上げる人は、上記5つを極めた人ということも言えます。

それでは、今から詳しく見ていきましょう!

諦めずに走り続けられる人

お客さんが少ない日というのは、必ずあります。

そういった日は、必死こいて走っても、なかなか売上が上がらないもの。

「今日はいっか」

そう思って、早く帰庫するのはNGです。

ギリギリまで粘って、走ると、最後にロングとかあって、売り上げが上がったりします。

それが、たとえ3000円だったとしても、10日で30000円ですからね。

その約半分が給料になるので、例えばタバコを吸う人なら、それだけで、一カ月分のタバコ代になります。

タバコを吸わない人でも、一カ月分のガソリン代くらいにはなりますよね?

タクシーは、こういった積み重ねというのを、いつも自覚しておいた方がいいです。

短気にならない人

タクシー運転手をしていると、なかなかお客さんを乗せられないことは、誰でもあります。

そういったときに短気となり、横着な他のタクシーとかを、意識しはじめて少し飛ばしたりとかしたら、そういったときに限って、飛ばしていなかったら乗せれたお客さんがいたりするんです。

ホント、自分の感情をアクセルに託したらロクなことがありません。

これは、何度も経験していますから、間違いありません。

貪欲にお客さんを乗せようと思う気持ちがある人

「この人は乗りそうだけど、乗るかどうかはっきりしていない」

こういったことって、タクシーを運転していたら、よく遭遇するものです。

そこで、一度停車してドアを開けたり、きちんとアイコンタクトをしたりできる人は売上が上がります。

私の例で例えますね。

もう、電車もないのに、繁華街からとぼとぼ歩いている女性2人がいまいした。

なんとなく、会話もなく歩いている2人だったので、試しにバス停に止め(バスの終電後)ドアを開けました。

すると、とことこと寄ってきて、乗ってくれました。

彼女たち曰く、

「私たちがタクシーで帰ろうとしていることがわかったんですか?」

でした。

この二人は観光客だったので、たぶん、高くても1500円くらいの距離の宿泊しているホテルまででした。

しかし、タクシーという仕事はこの積み重ねなんですよね。

この2人を乗せたたことにより、自分のテンションも上がり、次のお客さんに繋がっていきます。

そういうもんです。

お客を選ばない人

ぼくももちろん、お客さんを選んだことは、何度もあります。

手が上がりそうなお客さんでも、なんとなく嫌だな。

そんな感じで、そんなお客さんがいるところを避けて走ったことはあります。

しかし、そういうお客さんに限って、割と遠くにいったり、いいお客さんだったりするんですよね。

もちろん、今にも吐きそうなお客さんを積極的に乗せるのは、逆効果です。

でも、そんな感じじゃなかったら、積極的に乗せないと、売り上げは上がりません。

売上を常に意識して走れる人

やはり、売り上げを意識してないと、いつでも自分裁量で休憩ができるタクシー運転手は売上がどうしても落ちてしまいます。

私の場合だと、例えば〇回乗せるまでは、休憩しない。

こんな感じで走れば、割と売上があがるもんです。

もちろん、車を運転しているので、体力的な無理は禁物です。

そのような問題がなかったら、日々の売り上げ目標を時間で区切って管理して、そこを目標に走ればおのずと売上は上がっていくもんです。

まとめ

今回は「タクシー運転者に向いている人は?」というテーマで、以下のような内容を解説させていただきました。

  1. 諦めずに走り続けられる人
  2. 短気にならない人
  3. 貪欲にお客さんを乗せようと思う気持ちがある人
  4. お客を選ばない人
  5. 売上を常に意識して走れる人

これって、実はタクシー以外の仕事にも言えることなんです。

とはいえ、タクシーに関しては、なにか技術的な知識、業務知識なんてものは、一切不要なので、特に上記5つの要素は重要になってきます。

私が思うに、売り上げがいい人はいいメンタルを持っている。

このように感じます。

なので、誰でも売り上げは上げられるものなんです。

売上が悪い人に共通することを3つだけ、簡単に書いておきますね。

  • 流しが厳しいのに、駅とかにも付けない人
  • 無線をとらない人
  • やる気がない人

このような要素が多い人ほど、売り上げはがりませんね~

タイトルとURLをコピーしました